松山英樹プロゴルフの祭典マスターズ・トーナメント制覇‼️ 『快挙』ありがとう。日本人初男子4大の一つメジャー優勝🏆ゴルフ業界含めフォローの予感。

第85回マスターズ・トーナメントで、日本の松山英樹プロが優勝し、日本男子で初の4大メジャー制覇、アジア男子で初のマスターズチャンプとなった。

ゴルフの祭典と言われるマスターズは、ゴルファーの憧れであり、それを制した影響力は計り知れないほど大きく、国内マスコミばかりか、海外でも大きく報じられた。

今回の快挙で松山プロに憧れてゴルフを始める子供達や、ゴルフから離れていた人達がゴルフを再開するこれ以上ないきっかけとなった。

オーガスタナショナル女子アマチュアの梶谷翼選手に続き、オーガスタで2週連続日本人チャンプが誕生する「快挙」。東京オリンピックでもゴルフ競技での金メダルに期待を寄せた。

松山プロが今でも住民票を置く宮城県では県民栄誉賞を知事が検討とコメントし、菅義偉首相もコメントを読み上げたことから国民栄誉賞の意見も上がるほどだった。

コロナ禍でゴルフは3密を避けられるスポーツとして注目され、若者を中心に参加者が増えていた。2019年の渋野日向子プロの全英女子オープン初制覇もあり、当面、国内のゴルフ業界には追い風が吹きそう。

GAツアーやR&Aも松山プロの特集を組むなどしており、アジア市場を見据え、日本のゴルフマーケットにも注目しているようだ。今年は開催まで100日を切った東京五輪がコロナ禍で懐疑的な意見がありつつも、こうした流れが続くのならゴルフに興味を持つ人々が世界的にも増える年となるかも知れない。

(ゴルフ特進より)

戸塚CC、令和3年4月1日から入会預託金および年会費改定。既存会員は令和4年4月から半額返還開始。

戸塚CCは、令和3年4月入会者の方から、預託金500万円に改定。同倶楽部に1000万円を預けている全ての会員に請求有り次第500万円返還と会員に通知、合わせて年会費値上げを決定‼️
なお、返還開始は令和4年4月からの予定とのこと。詳細は令和3年6月以降郵送にて案内する。

【入会預託金】
正会員個人(法人→個人・個人→法人含む):1,000万円→500万円
平日会員個人(法人→個人・個人→法人含む):800万円→400万円
【年会費】
正会員個人(満79歳以下):110,000円(税込)→198,000円(税込)
平日会員個人(満79歳以下):88,000円(税込)→158,400円(税込)

金乃台CC(茨城)事業譲渡先は(株)太平洋クラブに、日鉄日新ビジネスサービス(株)が(株)金乃台の株式を譲渡!

日鉄日新ビジネスサービス(株)は、同社が資産を所有し、子会社の(株)金乃台が運営する金乃台カントリークラブに関するゴルフ事業を、大手ゴルフ事業運営会社である(株)太平洋クラブに譲渡することについて、3月29日に合意したと翌30日に公表した。(株)太平洋クラブでの運営開始は5月1日を予定している。
今年 2月現在の会員数は1149人。事業譲渡先の柳太平洋クラブの総会員数は約1万8000人と紹介している。
同CCは昨年10月2日から「経営方針検討のため」当面の間、会員権の名義書換えを停止する方針を明らかにした際、噂が流れた大手運営会社への事業譲渡には会員の強い反発もあった模様で、それら有力先の中で太平洋クラブが選ばれた形だ。
(株)太平洋クラブとしては、共通会員制に当面組み入れない単独のクラブを運営する新しい取り組みとなり、公約としている「国内保有20コース」には入らないとの事!!

箱根CC、シニアのノジマチャンピオンカップ、4/15〜4/16無観客で開催

公益社団法人・日本プロゴルフ協会は、PGAシニアツアー第2戦の「ノジマチャンピオンカップ箱根 シニアプロゴルフトーナメント」に関して、無観客開催とすることを決定した。
新型コロナウイルス感染拡大防止を最重視し、来場者の安全と健康に対して万全を期すため、「一般非公開」として開催する。同大会は4月15~16日の2日間、箱根 CCで開催。
第1戦は、かねひで喜瀬CC(沖縄)で4/9〜4/10に開催の予定で、賞金総額は2700万円。

ジャパンプレーヤーズ選手権、西那須野CCで開催決定、サトウ食品が特別協賛、ゴルフネットワークで生中継

ジャパンゴルフツアー選手会は、今年5月6~9日に開催する初の主催大会に関して、サトウ食品(株)と特別協賛社契約を結び、大会名称を「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品」に決定したと発表した。
未定となっていた開催コースについては、ホウライ(株)の協力を得て西那須野カントリー倶楽部となり、大会の模様をゴルフネットワークで4日間独占生中継することも決定したとしている。
同選手権には144名が出場、競技は72ホールストロークプレーで行われる。賞金総額は5000万円(優勝賞金1000万円)。

亀山湖CC(千葉)、木更津東カントリークラブに変更

リソルグループは、4月1日から運営開始する亀山湖CCのゴルフ場名を「木更津東カントリークラブ」に変更すると発表した。
ゴルフ場名の変更について同グループでは、「東京や神奈川から近いことを認知してもらうため」などと話している。
アクセスは、圏央道・木更津東ICより20キロ(25分)、または、館山道・君津ICより25キロ(25分)。

PGM5コース名称変更に、
石岡ゴルフ倶楽部→PGM石岡ゴルフクラブ ジャック・ニクラウスゴルフコース
武蔵ゴルフクラブ→PGM武蔵ゴルフクラブ
きみさらずゴルフリンクス→PGMマリアゴルフリンクス ピートダイゴルフコース
南市原ゴルフクラブ→PGM南市原ゴルフクラブ
池田カンツリー倶楽部→PGM池田カントリークラブ

パシフィックゴルフマネージメント(株)は、昨年2月1日より運営開始した石岡GC等4コースと、今年2月1日から運営開始した池田CCの計5ゴルフ場を4月1日に名称変更する。
新名称は、
・石岡ゴルフ倶楽部
 →PGM石岡ゴルフクラブ ジャック・ニクラウスゴルフコース
・武蔵ゴルフクラブ
 →PGM武蔵ゴルフクラブ
・きみさらずゴルフリンクス
 →PGMマリアゴルフリンクス ピートダイゴルフコース
・南市原ゴルフクラブ
 →PGM南市原ゴルフクラブ
・池田カンツリー倶楽部
 →PGM池田カントリークラブ

石岡、武蔵、マリアの3ゴルフ場に大宝塚GCを加えた4ゴルフ場を4月1日からPGMのハイグレードゴルフ場ブランド「GRAND PGM(グランPGM)」として運営する。

袖ヶ浦CC 単独会員停止について

袖ヶ浦カンツリー倶楽部は、袖ヶ浦コース、新袖コースの両コースの、単独会員の売買を停止することとした。
両コースとも、マーケットにおいて売買が少なく、会員のメリットが少ないためというのが運用変更理由とのこと。

塩嶺CCと穂高CCとの業務提携について

同クラブでは、クラブ価値の向上、会員満足度の向上、会員のゴルフライフ充実を目的として、穂高カントリークラブとの業務提携を発表した。詳細は下記のとおり。

提携開始

令和3年4月1日より

提携内容

会員が相互のゴルフ場を利用する場合に、下記のプレー料金で利用可能とする。
■平日  メンバー料金+1,100円(税込)
■土日祝 メンバー料金12,200円(税込)
※同伴ビジターは通常のビジター料金とする。
※支配人を通じての予約受付に限る。