サンヒルズ CC(栃木)内に「焼肉南大門 離宮」 PGMがFC契約し4月9日からオープン!

パシフィックゴルフマネージメント(株)は、運営するサンヒルズカントリークラブで、「焼肉南大門 離宮 SUNHILLS」をグランドオープンする。

(株)南大門ホールディングスのグループ企業である(株)ファザーが展開する「焼肉南大門 離宮」のフランチャイズ契約を締結したという。

「焼肉南大門 離宮」は、食材と味に極めて強いこだわりを持ち、仕入れから徹底した品質の高さを誇る。牛肉は最上級ランクを使用し、舌の肥えたお客にも多くのリピーターを生み出し、宇都宮を代表する焼肉店として人気を博していているという。

サンヒルズCC建物の一角にオープンし、プレー時の昼食やプレー後の夕食のほか、宿泊施設のある同CCならではの、前泊や後泊でプレーを楽しむゴルファーの夕食としても利用できるという。またプレーをしないお客でも利用可能。テーブルは焼肉用コンロ等を備えた専用となっており、ゆっくりと食事をお楽しみいただけるよう、ゆとりある座席レイアウトを採用しているという。

松山英樹プロゴルフの祭典マスターズ・トーナメント制覇‼️ 『快挙』ありがとう。日本人初男子4大の一つメジャー優勝🏆ゴルフ業界含めフォローの予感。

第85回マスターズ・トーナメントで、日本の松山英樹プロが優勝し、日本男子で初の4大メジャー制覇、アジア男子で初のマスターズチャンプとなった。

ゴルフの祭典と言われるマスターズは、ゴルファーの憧れであり、それを制した影響力は計り知れないほど大きく、国内マスコミばかりか、海外でも大きく報じられた。

今回の快挙で松山プロに憧れてゴルフを始める子供達や、ゴルフから離れていた人達がゴルフを再開するこれ以上ないきっかけとなった。

オーガスタナショナル女子アマチュアの梶谷翼選手に続き、オーガスタで2週連続日本人チャンプが誕生する「快挙」。東京オリンピックでもゴルフ競技での金メダルに期待を寄せた。

松山プロが今でも住民票を置く宮城県では県民栄誉賞を知事が検討とコメントし、菅義偉首相もコメントを読み上げたことから国民栄誉賞の意見も上がるほどだった。

コロナ禍でゴルフは3密を避けられるスポーツとして注目され、若者を中心に参加者が増えていた。2019年の渋野日向子プロの全英女子オープン初制覇もあり、当面、国内のゴルフ業界には追い風が吹きそう。

GAツアーやR&Aも松山プロの特集を組むなどしており、アジア市場を見据え、日本のゴルフマーケットにも注目しているようだ。今年は開催まで100日を切った東京五輪がコロナ禍で懐疑的な意見がありつつも、こうした流れが続くのならゴルフに興味を持つ人々が世界的にも増える年となるかも知れない。

(ゴルフ特進より)

戸塚CC、令和3年4月1日から入会預託金および年会費改定。既存会員は令和4年4月から半額返還開始。

戸塚CCは、令和3年4月入会者の方から、預託金500万円に改定。同倶楽部に1000万円を預けている全ての会員に請求有り次第500万円返還と会員に通知、合わせて年会費値上げを決定‼️
なお、返還開始は令和4年4月からの予定とのこと。詳細は令和3年6月以降郵送にて案内する。

【入会預託金】
正会員個人(法人→個人・個人→法人含む):1,000万円→500万円
平日会員個人(法人→個人・個人→法人含む):800万円→400万円
【年会費】
正会員個人(満79歳以下):110,000円(税込)→198,000円(税込)
平日会員個人(満79歳以下):88,000円(税込)→158,400円(税込)

金乃台CC(茨城)事業譲渡先は(株)太平洋クラブに、日鉄日新ビジネスサービス(株)が(株)金乃台の株式を譲渡!

日鉄日新ビジネスサービス(株)は、同社が資産を所有し、子会社の(株)金乃台が運営する金乃台カントリークラブに関するゴルフ事業を、大手ゴルフ事業運営会社である(株)太平洋クラブに譲渡することについて、3月29日に合意したと翌30日に公表した。(株)太平洋クラブでの運営開始は5月1日を予定している。
今年 2月現在の会員数は1149人。事業譲渡先の柳太平洋クラブの総会員数は約1万8000人と紹介している。
同CCは昨年10月2日から「経営方針検討のため」当面の間、会員権の名義書換えを停止する方針を明らかにした際、噂が流れた大手運営会社への事業譲渡には会員の強い反発もあった模様で、それら有力先の中で太平洋クラブが選ばれた形だ。
(株)太平洋クラブとしては、共通会員制に当面組み入れない単独のクラブを運営する新しい取り組みとなり、公約としている「国内保有20コース」には入らないとの事!!