小川CC(埼玉)自主再建型の再生計画認可 昨年12月9日付、弁済率は一定程度、プレー会員権に!

昨年6月26日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した 小川カントリークラブを経営する(株)小川カントリークラブが自主再建型の再生計画が成立し、再建の歩みを始めた。
ゴルフ場のホームページでも12月9日に東京地裁であった債権者集会にて、可決要件を大幅に上回る賛成多数により、再生計画認可になったと報告している。
同報告では「今後は、全社員一丸となって再生計画を遂行し、小川カントリークラブの再建を果たして参る所存です。」等と声明を出した。もっとも、再生計画での弁済条件など詳細は、会員など債権者以外には公表しない様だが、一定程度弁済した後に預託金のないプレー会員権を発行し、会員のプレー権が保証されることになったという。スポンサーを入れない自主再建策のため、弁済率はそれほどにはならないとしている。
会員権の名義書換え受付は親子間から再開しているが、第三者譲渡の名変再開時期や名変料は定まっていないと説明している。

カテゴリーNews