松山英樹プロゴルフの祭典マスターズ・トーナメント制覇‼️ 『快挙』ありがとう。日本人初男子4大の一つメジャー優勝🏆ゴルフ業界含めフォローの予感。

第85回マスターズ・トーナメントで、日本の松山英樹プロが優勝し、日本男子で初の4大メジャー制覇、アジア男子で初のマスターズチャンプとなった。

ゴルフの祭典と言われるマスターズは、ゴルファーの憧れであり、それを制した影響力は計り知れないほど大きく、国内マスコミばかりか、海外でも大きく報じられた。

今回の快挙で松山プロに憧れてゴルフを始める子供達や、ゴルフから離れていた人達がゴルフを再開するこれ以上ないきっかけとなった。

オーガスタナショナル女子アマチュアの梶谷翼選手に続き、オーガスタで2週連続日本人チャンプが誕生する「快挙」。東京オリンピックでもゴルフ競技での金メダルに期待を寄せた。

松山プロが今でも住民票を置く宮城県では県民栄誉賞を知事が検討とコメントし、菅義偉首相もコメントを読み上げたことから国民栄誉賞の意見も上がるほどだった。

コロナ禍でゴルフは3密を避けられるスポーツとして注目され、若者を中心に参加者が増えていた。2019年の渋野日向子プロの全英女子オープン初制覇もあり、当面、国内のゴルフ業界には追い風が吹きそう。

GAツアーやR&Aも松山プロの特集を組むなどしており、アジア市場を見据え、日本のゴルフマーケットにも注目しているようだ。今年は開催まで100日を切った東京五輪がコロナ禍で懐疑的な意見がありつつも、こうした流れが続くのならゴルフに興味を持つ人々が世界的にも増える年となるかも知れない。

(ゴルフ特進より)

カテゴリーNews