三菱地所が三甲(株)に富士国際GC(静岡)を事業譲渡へ、9月30日付けで全株式譲渡、東富士CCは分割で残存の上パブリックコースにて運営!

三菱地所(株)の100%子会社でゴルフ場2カ所等を経営する東日本開発(株)は4月23日付けで2コースの株主変更及び事業承継に関する通知を行い、富士国際ゴルフ倶楽部を事業譲渡することがわかった。
東日本開発(株)は通知の中で、東富士カントリークラブの運営事業及び緑化事業等を、三菱地所(株)が新設する「東富士グリーン(株)」に対し、今年7月1日付けで吸収分割により事業を承継させ、富士国際GC運営事業のみとなった東日本開発(株)の発行済み株式の全てを、三菱地所(株)が三甲(株)に対して9月30日付けで譲渡することになったと案内。
今回の富士国際GCの事業譲渡に伴い会員の利用契約は今年9月29日までとし、預託金全額を返還する。また併せて東富士CCのメンバーにも同様に預託金全額を返還してパブリック運営に転換する方針で、今まで通りのメンバーフィで利用を希望する会員には、今まで同様の年会費で利用できる年次会員を案内するとしている。
三菱地所(株)の100%子会社として残る東富士CCはパブリックに移行するが、富士国際GCの運営は三甲が決めて運営することとなる。

カテゴリーNews